DODA

一昔前は「デューダする」という言葉が転職の代名詞として利用されていました。この用語の意味は求人情報誌の「DODA」に由来します。現在、DODAが取り扱っている求人情報はインターネット上のサイトへ公開するようになっていますが、つい10年前ぐらいまでは書店やコンビニでDODAが置いてあるのを見たことがある人は必ずいると思います。DODAは転職業界でも抜群の知名度を誇っており、数多くの企業の求人情報を取り扱っているのです。

 

DODAが取り扱っている求人情報は非常に幅が広く、IT業界やオフィスワーク、販売や流通、サービス、製造など、世の中に存在する仕事のほとんどを扱っていますので、転職希望者にとっては願ったりかなったりといった状況です。同業他社に行くのか、未経験でも歓迎な他業種への転職を決めるのか、今後の転職活動を悩んでいる人は、転職先の幅が広いということは、情報の質と量もしっかりと揃っているサービスをDODAが提供できているということになります。

 

各転職サイトでは、求人情報と転職エージェントの連携が取れており、転職エージェントサービスに登録すると、一般に公開されているもの以外にも非公開状態となっている求人も見ることができるようになります。非公開求人を閲覧するときには、専門のキャリアアドバイザーに相談、面接してからできるので、転職希望者の方々からは非常に良いという評価を受けています。アドバイザーに任せきりになることもなく、自分で積極的に求人を見ながら活動をしていきたいと思っている人はぜひとも利用すべきであると思います。

 

DODAでは企業マッチングサービスを行っており、専門のキャリアコンサルタントによる面接やサービスを行なっていますが、ウェブ上に自分の履歴や職務経歴書を登録して、企業側からのオファーを待つスカウトサービスも転職活動に強いサービスです。普通に応募するよりも、24時間365日、自分の履歴書を公開した状態になっているため、それを見て企業側がコンタクトを取りたいと思ったら、個人宛てにメールを送ることもできます。

 

インターネット上ではDODA以外にもさまざまな転職・就職サイトがスカウトシステムを導入しています。しかし、実際に企業から連絡が来るまでは自分の希望とマッチするかどうかはわかりませんが、自分の力量を公開し、企業側に求められ仕事をしたいと考える人や、自分の力を示し、より積極的に応募したいと考えている方にはぴったりのサービスなのです。


このページの先頭へ戻る