転職へのアドバイスや経験談|50代の転職サイト比較記事一覧

年齢が40代以上で転職を決意するということは、20代の頃の転職とは違って、その選択には常に人生がかかっていると思います。私は、とあるカスタマーセンターで、そこのフロアリーダーを勤めていましたが、仕事の職種を変えたくて40代で転職をしたことがあります。私は、そこのカスタマーセンターでは、アルバイトとして入社し、そこから2年ほどでサブリーダーになり、3年ほどしたところでセクションのリーダーになり、4年...
麺が大好きだっった。ラーメンでもそばでもうどんでも、パスタもだ。食べ歩きが趣味というわけではなかったが、まあまあ麺関係の店に関しては詳しかったと思う。食べることが好きだったから休日はよく出かけたものだった。自宅で料理を作る時間があるのなら、外で食べた方が早いと考える性格も少なからず影響があったと思う。だから、自分が通っていた店で修行を積んで自分の店を持つようになる事など想像もしたことがなかった。勤...
私は、40代後半の男性ですが、つい1年ほど前に転職して新しい仕事につきました。私が以前勤めていたのは、人材派遣をメインとする会社で、そこの経理部長をしていました。経理課は、他の部署と比べると、そこまでピリピリした雰囲気もなく、わりと伸び伸びと仕事をさせてもらいました。たまに、アルバイトの若い人たちと交流することもあり、なかなか気さくな人たちがたくさんいて楽しかったです。経理課のベテラン女性陣たちも...
私は、今までずっと中規模の書店に勤めていましたが、40代で転職をすることにしました。私は、それまで政治・経済を司るフロアのフロアリーダーを務めてきたのですが、書店の業績不振により、私の給料が減額されることが決まったからです。まるで書店の経営者から「お前の責任だぞ」と言われているみたいで、とても腹が立ちました。今の時代は、ただでさえ消費者が活字離れしていて、本が売れない時代であるのに、私のせいにされ...
私は40代でプロバイダのコールセンターに転職しました。私が受けたときは20代の女性も多かったし、パソコンについて詳しい方ももっといたようですね。しかしなぜ私が選ばれたかというと、電話会社の中の事務所での営業だったので、年齢が高い女性も多い。私は市役所や県庁でアルバイト経験があったので、若い女性より、マナーがいいと思われたようです。実際私はマナーは特別にいいとも思えませんが、そのとき受けた女性より、...
40代50代の転職は相当の覚悟が必要です。ご自身に自信があり、転職した場合、その職場で何が出来るのか、どういった事に貢献できるのかなどを明確に提示することが出来なければ難しいと思います。転職の基本として、20代は会社としても育てる事に時間と資金を惜しみません。もっとも転職市場が活発な年齢です。30台はキャリアが求められます。未経験での転職は難しくなります。40代50代の転職は管理職の募集がほとんど...
私が、50代で転職をしたのは、転職をせざるをえない状況になってしまったからです。どうしてそうなってしまったのかというと、私が長年勤めていた電子工場が閉鎖されることになってしまったからです。私は、そこで係長を務めていましたが、私たちの努力むなしく残念ながら閉鎖となってしまったのです。しかし、そこで悲しんでいる余裕が私にはありませんでした。私には、妻と息子が2人いたので、まだまだ働かなくてはいけなかっ...
我が家の主人は45歳です。家族構成は6歳と4歳の女の子と37歳の専業主婦の私の4人です。今、主人から「転職したい」と言われたら・・・怖すぎです。私は結婚前に働いていた時に1度転職しました。その時は、条件の良い会社への転職で大成功でした。今主人の働いている会社は世の中でも条件は良い方の大手企業です。そこから転職となると、それ以上の企業へなんてなかなか出来ないと思うからです。ヘッドハンティングされて転...
前職では、テナントビルで働いていました。ほんの6年程度で、私が採用された頃のメンバーが居なくなってしまいました。新人が入ったり、辞めていく人が多かったり、出入りが激しい職場でした。順調に歳を重ね、私だけが店舗に残ってしまったわけです。私も人生このままで良いのかと迷いました。ようやく見つかった転職先は福祉業界でした。自分の子供も大きくなり、無事に巣立ったのですが、今度は自分の老後が大きな悩みです。こ...
ハローワークに通うことは考えなかった。公務員として20年働いてきたし、ある程度の人脈も作っていたから、そのツテでなんとかなると甘く考えていた。時代が時代だし、特別何かの資格を持っていなくとも職には就けるだろうと驕った考えを持っていたことも原因だろう。公務員時代に築いた人脈を頼りに十数社面接に行ったが、ことごとく落とされた。共通して聞かれたのは「じゃあ何か資格をお持ちですか」だった。まるで申し合わせ...

このページの先頭へ戻る