40代でプロバイダのコールセンターに転職した話

私は40代でプロバイダのコールセンターに転職しました。私が受けたときは20代の女性も多かったし、パソコンについて詳しい方ももっといたようですね。しかしなぜ私が選ばれたかというと、電話会社の中の事務所での営業だったので、年齢が高い女性も多い。私は市役所や県庁でアルバイト経験があったので、若い女性より、マナーがいいと思われたようです。

 

実際私はマナーは特別にいいとも思えませんが、そのとき受けた女性より、よかったのだと思います。はいってからは大変でしたね。お昼ごはんを食べていても落ち着かないんです。まわりはお客さんと思うと緊張もしました。いい体験にはなりました。若い人じゃないと、転職できないことはないです。

 

特に中小企業の場合は、担当者や社長との相性で決まります。面接のときは、できるだけ相手の話を聞いて、笑顔で答えるだけで印象が違います。私は40代でよく思われたのは、子供が高校生だったからです。これが保育園くらいだったら、休みが多くなると思われたかもしれません。よく40代、50代は事務は難しいと聞きますが、そんなことはないです。働く方の年齢が高ければ採用になる可能性があります。積極的にいろいろ申し込みしましょう。


このページの先頭へ戻る