40代50代の転職はマネジメント能力を求められています

40代50代の転職は相当の覚悟が必要です。ご自身に自信があり、転職した場合、その職場で何が出来るのか、どういった事に貢献できるのかなどを明確に提示することが出来なければ難しいと思います。

 

転職の基本として、20代は会社としても育てる事に時間と資金を惜しみません。もっとも転職市場が活発な年齢です。30台はキャリアが求められます。未経験での転職は難しくなります。40代50代の転職は管理職の募集がほとんどです。

 

ブルーワーク系の仕事ですと話は別ですが、ホワイトワーク系であれば、そのマネジメント能力が問われます。それは勤めていた会社での実績です。それを新しい会社でどう活かせるかを伝えばければいけません。マネジメント能力を計ることは難しいです。以前の会社でどれだけ部下に慕われていたとか、そういった抽象的な事を言っても無駄なことです。

 

よく「マネージャー会社を出ればただの人」などと言われます。そのようにマネージャーとは有象無象の世界です。どのようなプロジェクでどうのような成果を上げたか、会社でどのようなコーチングをしていたか、などを的確に示す必要があります。その転職希望の会社の事を調べるのは当然ですが、いま何が問題なのかを調べたあげておくことも面接で生きてくると思います。


このページの先頭へ戻る