転職エージェントJAC Recruitmentの特徴

@海外で働きたい、グローバルな仕事をしたいという方におすすめ
JAC Recruitmentは、イギリスのロンドンに本拠地を置く転職エージェントです。キャッチコピーに「転職にグローバル戦略を」とうたっていて、イギリスだけでなく、日本、中国、韓国、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシアというように、アジアに7か所の拠点を持っています。JAC Recruitmentは、外資系企業や海外に進出している企業への転職支援で豊富な実績を持っています。それ以外の求人でも、語学スキルを活かすことのできる仕事が多く、サイトで求人を検索する際に、求められる英語力のスキルを選択して検索結果を絞ることができるほどです。

 

Aキャリアアドバイザーのサポートが手厚い
JAC Recruitmentには約300人ものキャリアアドバイザーがいて、転職者のサポートをおこなっています。多くの転職先が外資系企業や海外進出企業であるため、日本人のキャリアアドバイザーと就職先の言語を話せるネイティブのキャリアアドバイザーの両方がサポートにあたります。自分の希望の転職先に合わせた担当者をつけてもらえば、希望の企業とより多くの情報を深い内容でやりとりできるというメリットがあります。

 

Bレジュメの指導も受けられる
JAC Recruitmentでは、応募書類の添削やアドバイスについても日本語と英語で受けることができます。特に英語で作成するレジュメはネィティブのスタッフが記載内容をくまなくチェックしてくれるので、応募先の企業がアピールポイントをきちんと知ることができる、中身のあるレジュメを完成させることができます。

 

C登録前に求人を確認できる
JAC Recruitmentは非公開求人率は約70%で、他の転職エージェントの非公開求人率が80%〜90%であるのと比較すると、若干一般公開率が高いという特徴があります。ただ、一般公開されている求人の中にも、社名を伏せた求人情報が数多く掲載されているので、実際にエージェントに登録する前に、どのような職種の求人があるのかを確認することができます。

 

Dアフターサポートも充実
JAC Recruitmentでは、ユーザーからの問い合わせや連絡に24時間以内に返答・連絡してくれます。また、就職が決定した後も、入社1週間前と入社1ヵ月後に連絡と状況確認をするというサービスをおこなっています。一般の転職エージェントでは、転職が決まればそれでサポートは終わりとなってしまいますが、JAC Recruitmentなら1ヵ月後の状況確認をしてくれるため、母国語でない企業に転職した場合などは特に安心です。


このページの先頭へ戻る