絶対役立つ転職マニュアル|50代の転職サイト比較記事一覧

女性にかぎらず、就職や転職で大いに役立つもの、それが資格です。自分が応募しようとする企業にとって使える資格であれば、それは他の応募者に比べ、一歩二歩も先に進むことができる強い武器となります。現代の就職事情では、特に女性の場合、資格を持っておくと後々有利となります。それは、結婚や出産で一時的に産休や育休を取ったあと、会社に復帰するときにも、会社から見てその人が使える人材であるかどうかの判断基準にもな...
資格取得はお金や時間がかかるものですので、まず、自分が何のために資格をとるのかを考えましょう。就職のためなのか転職のためなのか、はたまた独立のためか、会社内部での昇進試験に必要なためか。その中でも転職に有利な資格を取ろうと思っている場合、転職先の業務内容に近い、または直結した内容の資格を取る必要があります。■実務経験は資格より強いここで念頭に置かなくてはならないのは、転職先で提示されている条件や経...
女性は男性に比べて、結婚や出産、育児といったライフイベントが仕事に影響しやすくなります。以前はこういったライフイベントが即退職につながるような風潮だったのですが、最近では女性がこういったイベントを乗り越えて仕事を続けることを積極的にサポートする会社も増え、男性と同じようにキャリアを積むことができるようになってきています。もちろん、転職に際しても、特別な条件がない限り、男女の機会は均等です。とはいえ...
女性の転職で問題になってくるのは、「今後どういうライフイベントが控えているか」ということです。最近では男女の雇用機会や仕事上での扱いについて均等化が進み、表向きは「男女差はない」ということになっています。実際、子育てをしながらでも高い役職についている女性もおり、そういった意味では、女性のキャリアアップのチャンスは一昔前よりずっと増えている、といっていいでしょう。けれども、全ての企業で女性が応援され...
昔は、女性は家の仕事、男は外に出て仕事をするというのが一般的でした。ですが、今そのような美徳は失われつつあり、企業も女性を積極的に採用している時代がやってきました。外資系の企業に目を向けてみると、本国では女性の採用も当たり前とされており、その風潮が日本でも広まりを見せつつあります。求人サイトを覗いてみると、女性専用求人サイトの数も多くなり、女性を積極的に採用しようとしている企業が増えてきているのが...
女性の転職を成功させるためには、何が大切なのでしょうか。女性の転職を成功させるには、採用理由をしっかりと理解する事が大切と言われています。採用というのは、企業によって視点が異なっています。例えば、個人を重視する企業や、職務履歴を重視する企業もあるでしょう。企業がどのような人材を求めているのか?それをしっかりと理解する必要があります。もちろん、採用にあたってはこれだけを重視しているのではなく、ある程...
何か資格を取得しようと勉強し始める前に、どのような資格があるのか調べますよね。資格と言われているものについても、様々なものがあり、合格率が全体の2%にも満たない超難問な国家資格もあれば、取得しても趣味の延長といった認識にしかならない民間資格もあります。役立つ資格の中でも、人気があるのは一体どんな資格なのでしょうか。できることなら、高収入が期待できる資格を取得したいものです。また、独立開業ができるよ...
資格取得を考えた時に誰もが考える事の一つでしょう。その前に、職種や業務内容、部門によって有利なる資格はそれぞれ異なるという事を認識し、どんな資格が本当に役立つのかを把握する必要があります。具体的に言えば以下のような例が挙げられます。・IT業界 =シスアド、情報処理技術者資格、プログラミング言語など・不動産業界=宅地建物取引主任者(宅建)・金融業界 =ファイナンシャル・プランナー、アナリスト資格など...
転職活動に今や無くてはならない存在にあるのが、転職サイトです。自分の希望する条件を指定する事で、マッチした求人が数多く見つかるというメリットは転職活動をしている人にとって最大の利点ではないでしょうか。転職サイトが提供するサービスとは具体的にはどんなものがあるのでしょうか。転職を成功させるためにも、サービスを最大限に活かして使うために、内容をまとめてみましょう。◆求人情報を素早く検索、マッチした求人...
希望の転職を叶えるためには、まず有益な情報収集が一番重要といえるでしょう。転職活動を行う上で、どれだけ自分の希望にマッチングした求人を見つけられるかという点にかかってきます。従来、求人情報を集める最も一般的な方法としては求人情報誌が役立っていました。複数の求人情報雑誌を購入したりや広告をこまめにチェックする必要があり、自分の希望条件や、応募資格などに当てはめていくと、見合う求人を見つける事はそう簡...
一昔前の日本では、一度就職した会社には定年退職するまで勤めるのが一般的でした。しかし、長く続く不況の影響で会社の倒産も相次いでおり、終身雇用制度の崩壊に伴って転職を選択する労働者も珍しくなくなりました。日本ではまだまだ転職を繰り返す人に対してあまり良い印象を抱かない考え方が根強く残っていますが、少しでも待遇の良い職場で働きたいと願うのは労働者として当然の権利です。現在の職場に不満を抱いている人は、...
インターネットの普及に伴って、転職サイトを活用した転職活動が一般的になりました。希望の条件を入力して検索ボタンを押せば、自分に合った求人情報を即座に確認することが出来ます。目を皿のようにしてかき集めた求人情報誌を逐一チェックする手間も省け、とても便利になったものです。転職サイトを上手に活用するためには、以下の二つのポイントを意識することが大切です。■複数の転職サイトを活用する大抵の転職活動者は一つ...
■転職準備期間が大切転職活動に要する期間は、実際に転職を経験した人によると、半数以上の人が最初の1か月〜3か月で5〜6社に応募しているようです。最も早い人では、転職活動を始めて、数週間で転職先が決定した人も少なからずいます。しかしこれは、応募から内定までの期間の話で、実際の転職に向けた活動は、その準備期間から始まっています。そして一番長くかかるのが、この転職準備期間だといっても過言ではありません。...
■転職市場の動向は、あまり気にしない年間で見ると、3月前後の春先と、9月前後の秋口に、新たに求人がでることが多くあります。そのタイミングで離職する人が多かったり、企業が新たな事業を始める時期であるためです。それに伴って、そのタイミングでの求人が増加します。求人が増えるということは、それだけ応募できる可能性の増えるので、悪いことではありません。しかしいくら全体の求人が増えても、それが有利な転職に直結...
☆自分自身の不満が原因の転職は失敗のもと■動機がネガティブな転職動機は意味がない皆さんが転職を考える理由は何でしょうか? 「仕事内容がつまらない」「給料がなかなか上がらない」「職場内での人間関係が上手くいっていない」等など、自分中心の動機ではありませんか?そうした自己中心的な不満、ネガティブな動機の転職はなかなか上手くいかないものです。たとえ転職に成功しても、数年すると結局同じような不満が噴出して...
■転職先での仕事内容は十分に確認しよう営業事務と聞いていたので、営業さんのプレゼン用資料作成の仕事だと思っていたら、実はお茶くみコピー電話番要員だったとか、総務事務で募集の面接で「たまに営業のヘルプで外に出てもらうかもしれません。大丈夫ですか?」と言われて、たまになら大丈夫だろうと了承したところ実際には、「たま」ではなく、しょっちゅうだったとか、「話が違う!」というのは実はよくあります。一番の要因...
転職をお考えのあなたは、どの様な状況で活動を行いますか、例えば現在の仕事を続けながら他の仕事を探す。また片手間ではなく、仕事をお辞めになって、転職活動に専念する。この様に二通りのパターンがあると思います。二通りの転職活動には、良い面と悪い面が出てくると思います。現在の仕事を辞め転職活動に専念する場合には、とにかく時間が作れる自由に行動が出来ると言った事になります。自由な時間がある為、自身でスケジュ...

このページの先頭へ戻る