資格を取得して就職や転職に活かそう

資格取得を考えた時に誰もが考える事の一つでしょう。その前に、職種や業務内容、部門によって有利なる資格はそれぞれ異なるという事を認識し、どんな資格が本当に役立つのかを把握する必要があります。具体的に言えば以下のような例が挙げられます。

 

・IT業界 =シスアド、情報処理技術者資格、プログラミング言語など
・不動産業界=宅地建物取引主任者(宅建)
・金融業界 =ファイナンシャル・プランナー、アナリスト資格など
・旅行業界 =一般旅行業務取扱主任者、通訳資格、場合によっては普通自動車運転免許、など

 

このように、業種や職種によって有利に働く資格は様々です。また、独立開業が可能な難易度の高い資格である医師、弁護士、司法書士、税理士などの資格以外ではどんなものがあるのでしょうか。

 

一般的にどんな業界でも通用し、就職に優遇される資格は、英語力を証明するTOEICです。700程度のスコアが有効に働くといえます。実用英語技能検定=英検1級も同等の価値があるといえるでしょう。その他にも、日商簿記検定2級以上、秘書検定1級といった資格は、社会的に認められている資格とされています。

 

パソコン検定や(P検)、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)などは事務職、その他各職種でも、即戦力、実務で十分に使えるスキルの証明として有利です。

 

就職や転職には専門知識やスキルの証明として役立つ資格を取得する事で有利に働くといえます。しかし、資格はあくまでも採用する上での指標として判断されるだけですので、就職や転職活動をする際は人間性をはぐくむ事やモチベーションの維持が一番重要になることを忘れないようにしましょう。


このページの先頭へ戻る