資格取得の目的ははっきりとさせよう

資格取得はお金や時間がかかるものですので、まず、自分が何のために資格をとるのかを考えましょう。就職のためなのか転職のためなのか、はたまた独立のためか、会社内部での昇進試験に必要なためか。その中でも転職に有利な資格を取ろうと思っている場合、転職先の業務内容に近い、または直結した内容の資格を取る必要があります。

 

■実務経験は資格より強い
ここで念頭に置かなくてはならないのは、転職先で提示されている条件や経験欄に「○○資格保持者」などと記載されていない場合、実務経験のほうが優先されますので、あくまでもあなたがそれまでに培ってきた経験を元に面接では話を進め、保持している資格については、サブ的な要素として捉えながら話を進めたほうが良いでしょう。もし、あなたが転職先の業務内容に繋がる資格を保持している場合は、それは大きなアピールポイントになります。

 

職種を変えようと思う場合は資格取得を先行したほうが良い場合があります。例えば営業から経理へのキャリアチェンジを行う場合、優先して簿記の資格を取っておいたほうが後々有利になります。しかし、あくまでも資格の力は実務経験には及びませんので、営業時代のコミュニケーションスキルや仕事の割り振りなどを新たなキャリアで活かすためにアピールしたほうが得策です。

 

 

■何のための資格か
これまで資格についてお話して来ましたが、それが直接業務内容に繋がる内容の資格は少ないです。弁護士資格や公認会計士、税理士などは、資格がそのまま仕事に繋がっていますが、簿記の資格を取得しても、働き先は多数にのぼります。自分がどの分野の仕事をしたいのかを再度確認し、そのためには何の資格が必要なのかを改めて考慮することで、あなたのキャリアプランはさらなる飛躍を遂げられます。もし何かわからないことがあれば、人材派遣会社まで遠慮なくご相談ください。

 

■資格取得と転職のタイミングの見極めはしっかりと
資格取得をしてから転職活動を行おうと考えている方は、資格取得のための試験日のことをよく考えましょう。たとえば、税理士試験などは年一回しかありません。多くの国家資格でも年一回の試験というのは多いので、転職先に応募するタイミングと試験に応募するタイミングを間違えてしまうと、うっかり資格取得が遅れてしまい、転職もその分遅れ、キャリアプランが大幅に狂ってくる可能性もありますので、資格を取り、その後どのような形で転職活動に持ち込むかということは、しっかりとスケジュール管理をして整合性を取っておいてください。


このページの先頭へ戻る