様々な資格から選ぶこと

何か資格を取得しようと勉強し始める前に、どのような資格があるのか調べますよね。資格と言われているものについても、様々なものがあり、合格率が全体の2%にも満たない超難問な国家資格もあれば、取得しても趣味の延長といった認識にしかならない民間資格もあります。役立つ資格の中でも、人気があるのは一体どんな資格なのでしょうか。

 

できることなら、高収入が期待できる資格を取得したいものです。また、独立開業ができるような特別な地位を持つ、専門性のある資格も役立つといえます。

 

代表的なものとして、医師、弁護士、弁理士、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士といった資格が上記に該当します。これらの資格は難易度は高いといえますが、将来独立を目指している人にとってはなくてはならない資格になるのではないでしょうか。医療系や法律系の資格取得は志望者も多く、合格までの道のりはそう簡単ではありませんが、就職や転職には非常に有利に働く資格といえます。

 

また、就職や転職先の希望する仕事によっては、役立つ資格も異なります。システムアナリストやシステムアドミニストレータ、プロジェクトマネージャといった情報処理関連の資格は、IT企業やヘルプデスク部門といった場で活躍する資格です。その他の例としてはPMPも社会的評価の高い資格の一つといえます。

 

外資系企業では英語やその他の語学力が必要になります。特にTOEICのスコアを基準に採用の振り分けなどをする企業も多いので、ハイスコアほど有利と言えるでしょう。その他の語学試験資格や、語学力を証明するディプロマなどの資格があるのも有利です。

 

事務職であれば、マイクロソフトオフィススペシャリスト(旧MOUS試験)でパソコンの基本的操作やオフィスアプリケーションの操作が一定上のレベルであると証明できますし、日商簿記や秘書検定といった資格も部門によっては人気のある資格といえます。

 

高齢化社会が進む現在では、介護福祉士や、ケアマネージャーなどの福祉系の資格も人気分野となっています。

 

とにかく何でもいいから資格を取得しよう、と考える人もいますが、まずは自分の就職にとってどんな資格が役立つのか、またその業界ではどんな資格を持つ人が求められているのかを把握する必要があります。資格を取得することについては、時間も費用もある程度はかかることになるので、本当に必要な資格を選ぶ事が重要です。


このページの先頭へ戻る