女性が転職する際の問題点

女性の転職で問題になってくるのは、「今後どういうライフイベントが控えているか」ということです。最近では男女の雇用機会や仕事上での扱いについて均等化が進み、表向きは「男女差はない」ということになっています。実際、子育てをしながらでも高い役職についている女性もおり、そういった意味では、女性のキャリアアップのチャンスは一昔前よりずっと増えている、といっていいでしょう。

 

けれども、全ての企業で女性が応援されているわけではありません。特に会社側としても対応が大変なのが産休、育休、子育て中の勤務です。人数の多い会社であれば、交代で誰かが育休や時短勤務をとっているとしても問題はないかもしれませんが、そうではない場合、社会的には認めることが当然の制度でも、育休で1年以上休まれてしまってはどうにもならない、というような会社もあります。

 

そうなると、女性の採用に消極的にならざるをえません。かといって転職先を人数の多い大企業に絞るというのも現実的ではないことも多いですから、いざ転職しようと思っても採用してくれる会社がない、といった状況に陥らないよう、キャリアプランをつくっておくことが得策です。


このページの先頭へ戻る