失敗しがちな転職の原因とは?

☆自分自身の不満が原因の転職は失敗のもと

 

■動機がネガティブな転職動機は意味がない
皆さんが転職を考える理由は何でしょうか? 「仕事内容がつまらない」「給料がなかなか上がらない」「職場内での人間関係が上手くいっていない」等など、自分中心の動機ではありませんか?

 

そうした自己中心的な不満、ネガティブな動機の転職はなかなか上手くいかないものです。たとえ転職に成功しても、数年すると結局同じような不満が噴出して、結局また転職を繰り返します。なぜそうなるかというと、その職場に対する不満や改善を自分で解決しようとせず、環境だけを変えようとしたからです。

 

職場への不満を抱えたままにせず、「会社へ掛け合って解決する」「自分の裁量で解決するように努力する」などの行動に出て解決しない限り、結局は何も改善されず、繰り返されるというループにはまってしまうからです。

 

☆転職するなら前向きな動機を持って

 

上記のようなネガティブ思考の転職ではなく、「自分の力を試したい」「この業界で生きていくためのスキルアップをしたい」「今より将来の為に技術を磨きたい」など、前向きかつ、将来を見据えた転職でなければ、ネガティブ思考の人は人間的魅力にも欠けています。たとえ自分の意思とは反した転職であったとしても、将来の自分にプラスになる転職だと前向きに考えるべきです。

 

採用担当者はまず、覇気ややる気のない人間は、まず書類選考で落とされます。たとえどんなに素晴らしい経歴の持ち主であろうともです。企業側は、やる気と前向きさを求めているのですから、まずは前向きな姿勢をアピールしましょう。

 

■転職を考えるなら、まずは自己分析から始めよう

 

☆自己を知らずして、転職は成功しない

 

転職を考えたなら、まずは自己分析をして企業側へ自分はどのような人間かをアピールしないと始まりません。「自分はどのような仕事をしたいのか」「どのような能力があり、会社にどのような貢献ができるのか」自分の持っているスキルや目標を分析してから、転職活動を行います。

 

改めて自己分析をすることで、今まで経験してきた職種と照らし合わせ、自分は何を一番に優先的に考えているのか、自分にはどのような職種が合っているのかをはっきりと自覚することができ、転職したい企業にアピールする際、自分の意思をはっきりと伝えることができるはずです。

 

■転職を考える前に、今の職場の事ももう一度考え直そう

 

転職を考えている人にありがちな事ですが、目の前にある企業ばかりび夢中になって、今の職場でもうできることはないか?という疑問を忘れてしまいがちです。辞めたい事情にはさまざまな原因があるかも知れませんが、本当に今の職場でやり残したことはないか?実に付けたいスキルは、今の職場でも学べるものではないか?という事を、もう一度改めて考えてみることも必要な作業です。

 

転職は人生を左右してしまう出来事のひとつでもありますので、衝動的に行動するのではなく、じっくりと考えながら転職について考えましょう。


このページの先頭へ戻る