転職活動は離職してからか、在職中か

転職をお考えのあなたは、どの様な状況で活動を行いますか、例えば現在の仕事を続けながら他の仕事を探す。また片手間ではなく、仕事をお辞めになって、転職活動に専念する。この様に二通りのパターンがあると思います。二通りの転職活動には、良い面と悪い面が出てくると思います。

 

現在の仕事を辞め転職活動に専念する場合には、とにかく時間が作れる自由に行動が出来ると言った事になります。自由な時間がある為、自身でスケジュールを立て無理なく行動を起こせるメリットがあります。仕事探しの選定が数多くの中から選べる事により、色んな面を見る事が出来ます。時間が多く取れる事により、多方面での面接が可能となります。それぞれ企業側採用条件があるかと思います。

 

それに見合った資格などの勉強取得を目指しそれに向かって専念出来る機会が増えると思います。しかし仕事を辞めてしまうと言う事は、収入が無くなってしまう為、この先の転職活動を早めに解決をしなくてはいけないと言った焦りにも繋がります。不安材料の一つになります。転職活動が必ずしもスムーズに思った様に運ぶとは限りません、先行き不安な思いをしなくてはならない可能性も出てきます。スムーズにいかない事による心配や生活が不安定になる恐れもあります。

 

一方現在の仕事続けて行きながらの転職活動は、辞めてしまった事による収入が無くなると言った金銭面での不安がありません。今の生活を現状維持できますので、そう言った面での不安を抱えながらの転職活動をしなくても良い所があるります。その代わり、今の仕事をしながらとなると、こちらは時間の自由が利かず、転職活動に時間期間の制限が設けられてしまう事があり、中々先へと進みません。希望の条件に見合った会社を探す為の情報などのを入手するには手間と時間が必要となり、満足いった形で転職活動をする事が困難な状況になります。資格取得などと言った事も、満足な勉強が出来ずじまいでチャレンジしても中途半端な結果になりがちです。

 

仕事を辞めた事による時間を多く自由に使える事のメリットがある反面、金銭面の不安を持ち合わせながら転職活動をする事が良いとするのか、収入がある分、金銭面の不安は無いが、転職活動するにあたり時間の自由が利かない不便な満足のいかない中途半端な内容で活動するか、どちらも良い面悪い面があります。

 

どちらを選び行動を起こすかは、現在の雇用形態や失業保険などの自身へのサポート等、現状をしっかり把握し転職活動への一歩を踏み出す事が大事になってくると思います。何でも無理をして行動を起こせば、結果が良い物になる事はありません、しっかり事前準備をして転職活動をして頂きたいと思います。


このページの先頭へ戻る