転職までにはどれくらいかかる?

■転職準備期間が大切
転職活動に要する期間は、実際に転職を経験した人によると、半数以上の人が最初の1か月〜3か月で5〜6社に応募しているようです。最も早い人では、転職活動を始めて、数週間で転職先が決定した人も少なからずいます。

 

しかしこれは、応募から内定までの期間の話で、実際の転職に向けた活動は、その準備期間から始まっています。そして一番長くかかるのが、この転職準備期間だといっても過言ではありません。すでに述べたように、実際の活動期間は1ヶ月弱でも十分にできるのです。それまでの応募先の選定や現職の円満退社に長い人だと1年以上を掛ける人もいます。それぞれのスタイルにもよりますが、準備がとても大切であることは念頭に置いておきましょう。

 

転職期間を決める大きな要素は、以下のものが挙げられます。

 

●希望する分野
希望する業界や職種の、求人情報や応募条件、そして採用基準の傾向などの情報を集める必要があります。なるべく詳しい情報を得るためには、その業界に勤める知人などがいれば、大いに活用する必要があります。また業界や職種によっては、転職しやすい時期、あるいはしにくい時期がありますから、そのあたりにも注意が必要です。

 

●自己評価分析
自分が応募したい求人があれば、その求人が望んでいるレベルに自分が適しているのかを、考慮しなくてはなりません。資格やスキルはもちろん、年齢も重要です。また失業期間に備えた生活資金などのお金の準備も必要です。

 

●現在の職場の状況
現在の職場を辞める時に、翌日から出社しなくて良くなることは、ほとんどありません。一般的に、業務の引き継ぎが必要になりますから、その期間を考慮しましょう。辞めるのだから関係ないとは考えずに、円満退社を心がけましょう。

 

上記3つのことは、転職活動を成功させる大きな鍵となります。計画的に転職準備期間を整えることで、実際の転職活動が、スムーズに進むと思ってください。


このページの先頭へ戻る