レバレジーズテック

「レバレジーズテック」は、IT・Web業界に特化していることで大変有名です。ただ特化しているのではなく、取り扱う求人情報の100%がIT・Webエンジニアの専門職であることで知られています。レバレジーズテックは情報収集に特に力を入れていることもあり、Webサイト上では「一番大切なのは現場」であり、「足で情報を稼ぐ」とまで明言をしているのです。

 

レバレジーズテックは、「@Agent」というフリーランス向けの転職サイトも運営しています。その運営を通して多くの企業との間にネットワークを築くことにより、他の転職エージェントにはないような独占求人案件も取り扱っているところも人気のひとつなのです。

 

レバレジーズテックの取り扱っている求人件数は、他の転職エージェントと比較して大差はありません。しかし他社と大きく違う点は、ひとつの求人に関する情報力の多さが圧倒的に多い、ということです。レバレジーズテックの営業スタッフは、実際に各企業の現場まで出向いて、エンジニアやプログラマーの勤務する姿を見てきたり、直接彼らと会話をしたりしています。このような努力により、メールや電話だけでは決して得ることのできない生きた情報を持ち帰り、社会共有を行っています。これらをデータとして保存することにより、転職活動をする際に知りたいと思う情報なら殆ど提示できる、という訳なのです。転職に関する不安としてよく挙げられる「職場の雰囲気は?」「人間関係は?」といった内容も、このデータによりカバーすることができ、より多くのエンジニアが安心・納得の末応募ができるようにサポートしています。先に述べた様に、レバレジーズテックは「足で情報を稼ぐ」と公言しているのはこのような運営方針への自信の表れと言えるでしょう。

 

エンジニアやプログラマーという職種は、個人の実力を判断する基準が非常に難しい職種です。これは、その業務内容のレベルが企業によって大きく差があるからで、1度でも同業界に転職経験のある人であれば、どのようなものであるかは理解できると思います。その為、多くの企業がエンジニアやプログラマーとしての業務レベルを、経験年数だけを基準に判断する傾向があります。しかしレバレジーズテックでは、そのような考え方はしません。何故ならレバレジーズテックで扱う業種は、ITとWeb関連会社に限られているので、当然キャリアアドバイザーもIT・Web関連の知識や情報に精通しているのです。中には元エンジニアやプログラマーというキャリアアドバイザーもいるので、カウンセリングの段階で、利用者のスキルを適性に判断して貰えます。レバレジーズテックでは、「単に経験言語・年数のみで求人を紹介するのではなく、今までの業務内容などから本人の適性をよく精査してマッチングを行う」という、利用者に寄り添った誠意のある運営をしているのです。


このページの先頭へ戻る